春季例大祭
 桜花爛漫の四月十日午前十時三十分、佐藤宮司以下来賓九十名が、遺族、戦友、崇敬者見守る中参道をゆっくり参進、春の大祭が厳かに始められました。
 本大祭には後藤祥夫松本ふじの縁故者代表、 興野正憲遺族連合会代表外六00名の御参列をいただき、神社本庁献幣使として参向の松本秀勝茨城県神社庁副庁長祭祀を奏上、幣帛料が御神前に奉られ、「浦安の舞」が奉納、例大祭は盛大裡のうちに終了致しました。
 本大祭は日曜日に重なり、境内はお花見の家族連れで賑わい、祭典後茨城県吟詠剣詩舞の奉納行事に遅い春を楽しんでいただいた一日でした。

春季例大祭

さくら山トップページへ