初宮
初宮参り(初宮、初宮詣、お宮まいり)
赤ちゃんが生後はじめて神社にお参りする儀礼です。地域により日にちは異なりますが、男児は30日目、女児は31日目に神社にお参りするのが一般的です。目安として、1ヶ月検診が終わった後の都合の良い日におでかけください。(100日でお参りするという地域もあります)
産土神(住んでいる土地の神様)または崇敬する神社にお参りし、無事に誕生したことを感謝し、生涯の御加護を祈願します。初めて神様の前に上がるため、赤ちゃんには神様に失礼のない服装が必要です。これを「祝い着」といいますが、男児が黒地の紋付き、女児は友禅の晴れ着が伝統的です。昔は親戚や母親側の実家からプレゼントされるましたが、今ではレンタルやかわいらしい外出着で済ませることが多くなりました。
地方によっては、初宮参りの時に赤ちゃんの額に鍋墨などで犬の字を書いたり、点や一の印をつけることが行われています。女児ではさらに頬に紅をつけることもあります。