七五三
七五三
三歳の子どもが髪の毛を伸ばし始める「髪おき」、五歳の男児がはじめて袴をはく「袴着」、七歳の女児が帯をつける「帯解」いう伝統的な儀式から始まったとされています。日本には昔から「七歳までは神のうち」という諺があり、七歳までの幼児は、成長の危うい存在であったため、そうした幼児が無事に大きくなったことを神に感謝し、子どもたちの更なる幸いを祈る祭りと考えられています。

現在のような七五三が行われるようになったのは、江戸時代からで、11月15日という時期も1681年(天和元年)の11月15日に徳川綱吉の子、徳松の祝いを行ったことから、江戸を中心にこの日に行われるようになったという説があります。また、11月は農作業が一段落し収穫のお祭りをする時期にあたり、15日は多くの祝祭日のある満月の日であったために、この日が選ばれるようになったという説もあります。現代ではこの11月15日を中心とした前後ひと月の間くらいにお参りするのが一般的です。
○三歳のお祝い(男女)
髪置きの祝=髪を初めて伸ばす儀式  
○五歳のお祝い(男)
袴着の祝い=男の子が基盤の上で恵方を向き、初めて袴をつける儀式
○七歳のお祝い(女)
帯解きの祝い=付紐をとった本裁ちのきものを着て、初めて帯を締めて祝う儀式